名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

最終面接を突破するためのポイントは?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ついに迎えた最終面接。

「今まで問題なく進んできたし、人事採用担当者も前向きに接してくれてきているし、ここまで来たら心配ないだろう」なんて思ってしまっていませんか。

人事採用担当者がどんなに前向きであっても、どんなに意気投合していても、突破できないことがよくあるのが最終面接。ここまできたら、しっかり内定をつかみ取れるよう、最終面接突破のポイントを再確認しておきましょう。

最終面接では、候補者の何をチェックしているのか?

最終面接の面接官は、一般的には大企業であれば人事担当役員や募集を行っている事業の担当役員、中小企業であれば社長自らが担当します。

経営層が「本当にこの人材を採用すべきか?」を最終判断する場が、最終面接ですから、最終面接では「採用することで、経営や事業運営にとって長期的にもプラスになるか」「企業の理念や価値観と合うか?」という視点から、候補者を厳しくチェックしています。

なかには、最終面接が入社意思の確認だけの形式的な場になっている企業もあるかもしれませんが、そういったケースはごく稀です。最終面接は、最後に一番厳しいチェックが入ると思って、心して臨みましょう。

最終面接突破のポイント①志望動機などのブラッシュアップを

その最終面接突破のポイントとなるのが、「志望動機」や「自己PR」のブラッシュアップです。

今まで何度も聞かれている「志望動機」ですが、最終面接では前述したように、「この人材を採用することが、経営や事業運営にとって長期的にもプラスになるのか?」という視点でチェックされます。ですので、それに応えられるよう

  • 「今までの経験を活かし、企業にどんな貢献ができるのか?」
  • 「中長期的な視点で、この企業でのキャリア形成をどのように考えているのか?」

が明確に伝わるように、志望動機や自己PRをもう一度見直しブラッシュアップをしておきましょう。また、最終面接では、経営層が面接の判断材料となる情報をあなたから得るために、志望動機や自己PR、今までのキャリアについてより深く、突っ込んだ質問をすることもあります。

どんな質問がくるかを予想することは難しいですが、どんな質問がきても、企業の価値観、方針にプラスになるような答えが返せるように経営者のメッセージや、企業理念や事業のビジョンやミッション、採用にあたってのメッセージなど、経営層から発信されている「企業の価値観」を再確認しておきましょう。

最終面接突破のポイント②入社したい!という強い意志で臨む

最終面接がどんな場であるかを理解し、志望動機や自己PRを見直したら、あとは「絶対入社したい」という強い意志、前向きな意欲をもって最終面接に臨んでください。精神論のように聞こえるかもしれませんが、この入社への意思、意欲は「目力」や「声のトーン」「話し方」など、非言語のコミュニケーションに表れ、「熱意」としてきちんと面接官に伝わります。

それがないと、「本当に入社したいのか、意欲が伝わってこない」と残念な結果になってしまうことも…。

一次面接や二次面接とは違い、最終面接は後がないからこそ、「迷ったら落とす」のが原則です。面接官に迷わずに、「ぜひ入社してほしい」と思ってもらえるように、迷いのない入社意欲をもって、最終面接に臨みましょう。

最終面接までたどり着いたということは、企業が求める基本的な要件は満たしています。「最終面接なんて、入社意思確認だけだろう」と思って甘く見ていると、痛い目にあってしまうかもしれませんが、かといって「どうしよう?どんな準備をしたらいんだろう?」「まだやっていないことがあるのではないか」と不安になりすぎるのもよくありません。その不安が「自信のなさ」や「入社意欲の低さ」として伝わってしまうかもしれないからです。

ここまできて、やることをやったら、あとは「自分は大丈夫!」という自信をもって臨むことが最後の重要なポイントとなることを忘れないでください。

転職エージェントを活用すれば最終面接対策も万全!

最終面接は、その企業の経営陣の特徴がでやすいため、対策を万全にしたいならば、転職エージェント経由で応募するのがおすすめです。転職エージェントは、その企業の面接の傾向や最終面接者がどんな人なのか、採取面接を突破し内定したのはどんな人材か、などの情報が蓄積されていることがほとんどなので、一人で応募するよりもより効果的な事前準備ができます。

さらに希望の企業の最終面接を想定した模擬面接サービスを活用すれば、最終面接対策はより万全になります。活用できるものはどんどん活用して、希望の企業の内定を勝ち取りましょう。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。


大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する


現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。


アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

面接で困らない!退職理由の伝え方

面接で困らない!退職理由の伝え方

面接で角を立てない勤務条件や福利厚生の聞き方のコツ

面接で角を立てない勤務条件や福利厚生の聞き方の…

面接が苦手な方必見!面接に落ちる理由と改善策

面接が苦手な方必見!面接に落ちる理由と改善策

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。