名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

30代の転職で成功をつかむための方法とは?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

30代の転職は、20代の転職と同じではありません。これから育成する人材として、将来性や成長性など「ポテンシャル」が求められ、評価された20代とは異なり、30代前半ならプレーヤーとして即戦力となって活躍できるような能力や経験が、35歳を過ぎるとそれに加えて管理職としての経験や管理職候補としての能力(マネジメント力や組織のなかでの調整力、交渉力など)や経験が求められるようになります。

つまり、より高い専門性や能力が求められるのが30代の転職です。自分の希望を叶える転職が実現できるよう、成功のコツを押さえておきましょう。

30代の転職で成功をつかむための3つのコツ

①転職活動は仕事を続けながら

30代に限りませんが、転職を成功させたいならば、転職活動は仕事を続けながら行いましょう。

「仕事を続けたままだと、忙しくて面接の時間が取れない」という事情もあるかもしれませんが、仕事を辞めてしまうと安定した収入減が断たれてしまいます。失業保険もありますが、給付期間も決まっていますし、生活費などが厳しくなれば、勤務条件や仕事内容に妥協せざるをえないというような事態も…。

一方で、妥協せずに転職活動が長引けば、仕事に就いていない「ブランク(=離職期間)」が長くなってしまいます。ブランクは長くなれば長くなるほど、転職活動では不利になり、6か月以上になれば書類選考でも影響が出てきます。

また、30代にもなってよほどの事情もないのに、次の転職先を決めずに離職してしまったとなると、リスク管理能力を疑われ、評価に影響することも考えられます。

落ち着いて納得した転職先を選ぶためにも、また不本意なところで自分の評価を下げないためにも、できる限り仕事を続けながら転職先を探しましょう。

②転職エージェントを活用する

とはいえ、30代は現職でも業務の最前線で活躍する貴重な戦力ですから、なかなか転職活動のための時間が取りにくいのも現実。そこで転職成功のために、30代こそぜひ活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントを活用すれば自分のキャリアが活かせて、希望の仕事内容や条件が叶えられそうな企業を選んで紹介してくれるので、企業情報収集を効率的にできますし、企業との面接の日程調整もしてくれますので、そこに時間を取られることがありません。

何度も面接に行くのが難しいのであれば、職務経歴書の添削や模擬面接などのサービスを受けて、書類内容や面接力をブラッシュアップすれば、書類通過率や面接通過率を上がり、限られた時間を有効活用できるでしょう

また、30代の転職では、「このままのキャリアでいいのか」「今の会社のままでいいのか」という不安から、「他の仕事をしてみたい」「転職するなら、今が最後のチャンス」と転職を考える人も少なくありません。

しかし、その不安の根本にある問題や今までのキャリア、希望する待遇条件によっては、転職するよりも今の職場で新たな可能性を探るほうが、よりよい選択肢ということもあります。転職エージェントに相談すれば、「今の会社に残る」という選択肢も含めて、何がベストなのかを検討することも可能です。

忙しく時間がないなかでの転職活動こそ、第三者のサービスをうまく利用して進めていきましょう。

③年収アップを目指したいなら同業種×同職種で

繰り返しになりますが、30代の転職で求められるのはその職務での実績であり、即戦力として活躍できる高い専門性や能力です。つまり、今までの経験や能力を最も高く評価してくれるのは、今までの経験がそのまま活かせる同業種×同職種の仕事30代の転職で年収アップ・待遇改善を目指したいならば、同業種×同職種の仕事が最も可能性が高く、そこから離れれば離れるほど、年収アップは難しくなります。

また、今までのキャリアで著しい実績があれば、あなたが経験してきた分野に新規事業の進出を考えている企業が、事業の陣頭指揮を取る人材としてあなたの経験を高く評価してくれることもあります。

30代の転職では、「今までとは違う分野にチャレンジしたい」と考える方も少なくありません。もちろん今までの経験を生かし、異業種×同職種に活躍の場を広げることも可能ですが、その場合には年収にこだわりすぎて、いい「ご縁」を逃してしまわないように気を付けましょう。

30代から未経験職種にチャレンジしたい場合…

また、30代で「職種転換するなら今が最後のチャンス」と未経験職種へ転職したい場合にはいくつか注意が必要です。

可能性が全くないわけではありませんが、ほとんどの企業では未経験者の採用は人材育成や将来性の観点から20代を選んで採用します。そのため、応募はもちろんできますが、選考を突破して採用されるのは極めて険しい道となります。年収は、今までのキャリアに対する評価ですから、未経験職種に応募する場合は、年収アップはもちろん、現状維持も期待できません。未経験であれば、年収ダウンを前提に考えましょう。

さらに、30代で未経験職種で応募する際には、かなりの本気度が求められます。なぜ今までのキャリアではなく、新たな職種にチャレンジしたいのか、その思いはどれだけ本気なのかは、20代で未経験として応募するよりもはるかに厳しい目でチェックされますので、万全の準備をしていきましょう。

一般的には、30代からの未経験職種への職種転換は非常に難しいですが、今まで身につけた経験や能力が、希望する未経験の職種にどう活かせるのか、きちんとアピールできれば、希望する職種にもよりますが道が拓ける可能性もあります。

未経験職種へのチャレンジにこだわりすぎると、転職活動が長引いてしまい、他のいい「ご縁」を失ってしまう可能性もありますが、かといってチャレンジしないまま諦めてしまえば、今度は後悔が残ります。「いつまで」と期限を区切ってチャレンジし、その期限が来たらもう一度考え直してみるくらいの気持ちで取り組んでみるとよいのではないでしょうか。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。


大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する


現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。


アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

総務職への転職求められるスキルと対策とは

総務職への転職求められるスキルと対策とは

品質管理職への転職~求められるスキルと対策とは?

品質管理職への転職~求められるスキルと対策とは?

Uターン転職活動をスムーズに進める方法とは?

Uターン転職活動をスムーズに進める方法とは?

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。