名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

不動産業界への転職のポイントとは?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

自分の実力、努力次第では20代のうちから大手企業の管理職クラスの高収入が見込める不動産業界。しかし、「基本給+歩合給(インセンティブ)」という一般的な給与体系に「ブラック企業も多いのでは」「ノルマが厳しいのでは」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ハードなイメージもありますが、不動産業界の仕事は、個人や法人にとって重要な一生の財産ともなる不動産を扱うため、お客様との深い信頼関係を構築するなかで、やりがいや学びを感じやすいという一面もあります。

2020年の東京オリンピックを控え、市場も成長し、求人数の伸びも最盛期を迎えている不動産業界。異業種から転職するならば、そのポイントを押えておきましょう。

不動産業界の概要を理解しよう!

まずは、不動産業界の概要を確認していきましょう。

日本標準産業分類によると不動産業は、土地や建物の売買や仲介をおこなう「不動産取引業」と、賃貸が中心の「不動産賃貸業・管理業」の2つに分かれています。それらはさらに5つの業種に分かれていますので、詳しくみてみましょう。

不動産取引業

  • 建物売買業・土地売買業
    土地や建物の売買を行う。
  • 不動産代理業・仲介業
    販売代理や仲介を行う。

不動産賃貸業・管理業

  • 不動産賃貸業
    主として事務所,店舗その他の営業所を比較的長期に賃貸する。
  • 貸家・貸間業
    主として住宅(店舗併用住宅を含む)を賃貸するのが貸家業で、専用又は共用の炊事用排水設備がなく独立して家庭生活を営むことができないような室を賃貸するのが貸間業。いわゆる、「大家さん」。
  • 管理業
    ビルやマンションなどの所有者から委託を受けて、経営業務や保全業務を行う。東京オリンピックを控え、超高層マンションの建設・開発プロジェクトも進んでいるが、マンションが完成すれば、「管理」も必要となるため市場規模は拡大傾向にあり、成長産業といえる。

それぞれ大手企業が業界を牽引していますが、不動産は生活に密着しているものだからこそ、地域に根差し、地元の信頼を長年にわたって築き上げている地元優良企業が各地域に存在しています。

5つの業種業界のなかでももっとも事業所数が多いのは、「貸家・貸間業」、ついで「不動産賃貸業」です。高額な不動産の売買契約ではなく、賃貸契約を行う不動産賃貸業は、未経験者OKの求人も多く、未経験からの転職もハードルが低いと言えます。

この業界で不動産の知識や、ノウハウを覚え、「不動産業界経験者」として次のステップを考えるキャリアプランも1つでしょう。

求人情報はしっかり確認し、読み解こう!

実績次第で20代からどんどん昇給・昇格しやすい不動産業界ですが、言い返せばそれだけ社内の競争は厳しいということです。また、平均年収も高いですが、歩合給(インセンティブ)の割合が大きすぎると、自分の売上が順調なときはよいのですが、不調になると給与を直撃し、生活に影響が出る可能性もあります。

こうした状況を踏まえ、不動産業界に転職する際には求人情報をしっかり確認し、その内容を読み解き、自分が求めている条件に合っているのか、きちんと吟味することが必要です。失敗しない転職のためにも求人情報では、特に次の項目をよく確認しておきましょう。

年間休日

法人営業でなければ、土日休みは難しいのが不動産業界。個人営業だと、お客様が休む土日に営業活動を行うため、土日のどちらか出勤となるのが一般的です。しかし、平日は平日で休みにくい…という実態が聞かれることもしばしば。または、年間休日がそもそも少ないこともあります。年間休日や休日の在り方が、自分の希望するライフスタイルにあうかどうか、確認しましょう。

研修やサポート体制

研修やサポート体制が充実している企業は、人材を育成していこうという姿勢がある企業です。不動産業界にも、いわゆる「ブラック企業」ではない企業はたくさんありますので、研修やサポート体制から、その点をチェックしていきましょう。

基本給と歩合給の割合、年収例

 給与は、基本給と歩合給の割合がどれくらいなのかまで確認します。また、転職情報サイトに掲載されている求人では、「年収例」が出ていますのでそれも参考にしましょう。20代から1000万以上の高収入が得られる企業は、その分業務や社風がハードなことが予想されます。それが自分の求めている環境かどうか、考えてみましょう。

他にも、転職情報サイトでいつも求人募集をしている企業は、離職率が高い可能性があります。不動産業界に転職する際には、実際に活動を始める前に一定期間、求人情報をチェックしておくとよいでしょう。

面接では営業適性をアピール!

不動産業界では営業職の募集が中心です。面接では、今までの経験と合わせて、営業適性も評価されますので、営業適性はしっかりアピールしていきましょう。営業経験者でなくても、今までの業務で培ったコミュニケーション力や、人間関係構築力、提案力などはアピール材料になります。

また、面接ではマナーや身だしなみ、服装や持ち物にも気を配り、「顧客先に出しても心配ない」「お客様に好かれそう」と安心感を持ってもらえるよう心がけましょう。

第二新卒なら総合職への可能性も!

営業職の募集が多い不動産業界ですが、第二新卒であれば総合職として上場企業や大手企業への転職も可能です。

また、年齢制限はしていなくても「第二新卒大歓迎!」としている求人も多くありますので、こうした求人は経験よりも、第二新卒者のポテンシャルや将来性を評価する傾向がありますので、異業種からのキャリアチェンジを考えるならば、早めに行動を起こしましょう。

本気度を伝えたいなら資格取得も視野に

本気で不動産業界への転職を考えているという熱意のアピールには、宅地建物取引士(宅建)の資格取得も効果的です。「資格があるから、採用」とはなりませんが、資格を取得した熱意は評価されます。また、業務でそのまま知識を活かせるわけではありませんが、基礎知識としては役に立つでしょう。

資格取得が間に合わなくても、「勉強を始めています」というアピールも、不動産業界への転職に対する本気度を裏付ける材料となりますので、転職成功の確率を上げたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

不動産業界も、業種や企業によって社風や受け入れ体制も様々です。なかには自分のイメージを覆すような企業との出会いもあるかもしれません。繰り返しになりますが、求人も多い成長産業でもありますので、もし少しでも興味があれば、転職フェアなどに足を運び、実際に企業の方に会ってやりたいと思えるかどうか、確認してみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

営業職から事務職への転職!成功のための4つポイント

営業職から事務職への転職!成功のための4つポイント

金融業界への転職活動のポイントとは?

金融業界への転職活動のポイントとは?

未経験からIT業界への転職のポイント!

未経験からIT業界への転職のポイント!

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。