名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

金融業界への転職活動のポイントとは?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

「安定感」のイメージが強く、社会的信用もある金融業界。業種別の平均年収やモデル年収ランキングをみても、トップ10には金融業界に属する業種がずらりと並ぶように、他の業界に比べて平均年収が高いのも特長です。金融業界への転職を成功させるために、活動のポイントを確認しておきましょう。

金融業界の概要を理解しよう!

金融業界には多くの業種があり、業種によって異業種からの転職のしやすさも変わります。まずは主な業種を確認しておきましょう。

銀行

経済の中心の役割を果たしてきた銀行ですが、フィンテックの登場によりその構造は変化を迫られ、2017年には大手メガバンクのリストラがニュースにもなり、正念場を迎えています。

大手メガバンクから、地方銀行、外資系銀行、ネット銀行、信託銀行、信用金庫などがありますが、なかでも優秀な人材が集まる大手メガバンクや外資系銀行では、中途採用で求める人材のレベルも非常に高いため、第二新卒を募集するようなタイミングでもなければ、異業種からの転職の可能性はゼロに近いでしょう。地方銀行や信用金庫、ネット銀行などでは異業種からの転職も可能性があります。

証券会社

大手から中堅中小の日系証券会社や外資系証券会社、インターネット証券会社などがあります。大手の日系企業や外資系は、銀行同様に非常に優秀な人材が集まり、中途採用で入社するのは極めて難関となりますが、中堅中小企業では業界未経験者の求人募集も行っています。

投資信託会社

投資信託(ファンド)を設定し運用する会社で、銀行系、証券系、保険系、独立系のファンドがあります。公募で未経験OKの求人が募集されることは、ほとんどないでしょう。

保険会社

生命保険、損害保険があり、それぞれ日系企業と外資系企業があります。業績連動型の報酬体系の営業職での募集が多く、異業種からの転職者も多い業界です。

他にも、求人総数は多くはありませんが、クレジットカード・信販会社、リース会社、消費者金融会社などがあります。これらは営業職や窓口担当であれば、業界未経験者もOKの求人が多い業界です。

管理部門やシステム部門、営業経験があれば転職可能性あり

金融業界でも、大手の銀行や証券会社では専門職を中途採用することが多く、ほとんどの場合は非公開で転職エージェントやヘッドハンティング会社を使って、経験者を対象に募集しています。そのため異業種からの採用は、人事や法務などの管理部門やシステム部門など、金融知識をあまり必要としない一部の事務系専門職か、営業が中心となります。

そのため、管理部門での経験や法人営業経験、あるいは個人営業でも不動産営業など顧客と信頼関係を築いて高額商品を扱う経験があれば、そのキャリアを活かして金融業界へ転職できる可能性もあるでしょう。

企業リサーチをしっかりと

金融業界で異業種出身者の中途採用を行っている場合は、一部の事務系専門職や第二新卒枠の総合職採用を除けば、個人向けのリテール営業職(企業によって、プランナーやアドバイザーなど呼び方に違いがあります)や、窓口担当の求人が主流です。そして、個人向けのリテール営業では、業績給の割合が高い企業やノルマが厳しい企業などもしばしば。特に保険会社は、会社の社員ではなく個人事業主としての契約になることが一般的です。

各企業の求人情報では年収例として「20代で2,000万円」など、他の業界ではなかなか得られないような高収入社員の事例が記載されていますが、業界平均に比べてあまりにも高い場合は、社内でも目立った業績を上げるエリート社員の事例です。がんばったらその年収も可能ですが、社員の一般的な年収ではありません。

このような状況を踏まえ、転職をする際にはその企業や仕事内容、働き方などが自分のイメージしている内容とマッチしているのか、企業HPや各転職情報サイトなどでしっかりと企業をリサーチしましょう。

転職したいならば、早めに行動を

金融業界へキャリアチェンジするならば、早ければ早い方がよく、第二新卒であれば、高い学歴と語学力があれば、総合職として銀行や証券会社などへ転職できる可能性もあります(ただし、よほどのタイミングでなければ大手企業や外資企業の求人はありません)。

また、第二新卒でなくとも、人材育成や組織の年齢バランスの観点から20代の応募者が歓迎されることもしばしば。

業務の最前線で活躍することが期待される30代になると、高い専門性や豊富な経験が求められるため、営業職経験があっても30代で異業種から金融業界へ転職するのは極めて難しくなります。生命保険会社の営業職であれば、営業経験があれば30代になってからの転職も可能ですが、その他の職種や業種への転職を希望するならば、20代のうちに動いておきましょう。

「なぜ転職したいのか?」志望理由を明確に

金融業界への転職に限った話ではありませんが、転職活動において志望動機が重要なのはもはや言うまでもありません。

「安定しているから」など、自分の都合ではなく、

  • 自分はどんなことをやりたいと思っているのか。
  • そのためになぜこの企業を選んだのか。
  • 今までの経験を活かして、何ができるのか。

を、できる限り実体験などの具体的なエピソードを加えて、まとめておきましょう。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

転職が人生を変えた!みんなの天職エピソード「大手企業から地域密着型のハウスメーカーに転身して得た‟理想“」

転職が人生を変えた!みんなの天職エピソード「大…

仕事と家庭を両立させる!転職成功のための4つのポイント

仕事と家庭を両立させる!転職成功のための4つのポ…

営業職から事務職への転職!成功のための4つポイント

営業職から事務職への転職!成功のための4つポイント

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。