名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

転職に有利な時期とは?自分に合うタイミングの考え方

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

転職活動をするなら少しでも有利な時期に…と思うかもしれませんが、企業の採用には時期によって傾向があり、どのタイミングを「有利」と捉えるかは、人それぞれの価値観や、状況によって異なります。

自分にとってベストな転職の時期を見つけるためにも、1年を通じた各時期による転職市場の傾向を押えておきましょう。

転職時期別の傾向➀:4月

新年度が始まる4月は、3月の異動や退職により欠員が出たり、新しい事業計画がスタートしたり…と新規求人の募集が増える時期でもあります。年度が変わったばかりの4月は、積極的に転職活動を行う人も他の時期に比べれば少ないため、比較検討をされるライバルが少ない状況で活動を進めることができます。

ただし、企業の人事は、大企業も中小企業も新入社員の対応や、新卒採用で非常に忙しくなる時期です。採用担当者が新卒採用と中途採用の両方を対応している場合には、対応が遅くなる可能性があることも理解しておきましょう。

転職時期別の傾向②:5月~6月

5月は求人数がやや減少する傾向がありますが、6月になると求人数は再び増加する傾向があります。事業計画や異動が四半期ごとにある企業では、異動や事業の節目となる7月に合わせた求人も出てきます。

また、夏のボーナス後の退職を考える転職希望者が本格的に動き出すのもこの時期です。ただし、転職希望者は増えますが、企業の求人数自体は、年間を通じてみるとそれほど多い時期ではないので、比較的競争倍率が高い時期といえるでしょう。

転職時期別の傾向③:7月~8

夏のこの時期は、1年のうちで求職者の動きも、企業の動きももっとも穏やかです。

真夏の暑さに加え、夏休みもあり、転職希望者も「夏は休んで、秋から本格的に動こうか」と転職意欲が下がりがち。転職希望者の活動意欲が低い時期なので、企業も「今募集してもあまり集まらないし、積極的に活動するのは、9月に入ってからにしようか」と動きが鈍くなる傾向があります。

4月同様に、「活動している転職希望者が少ない=ライバルが少ない」時期なので、比較検討されるライバルが少ないなかで転職活動を行いたい方にとっては、「有利」な時期でしょう。

さらに、求人数も転職希望者も少ない分、動いている求人や転職者にとっては落ち着いて活動ができるという見方もできますし、半期の区切りとして10月入社を狙いたい方にとっては、この時期から転職活動を始めておく必要があります。ただし、求人数も年間でみればあまり多くない時期なので、「多くの求人から選びたい」という方にとっては、あまり有利なタイミングではありません

転職時期別の傾向④:9月~10

企業の求人が増え始めるのが、夏をすぎた9月以降です。上半期が終わり、採用計画や事業計画の見直しによる新規求人が出てくるのがこの時期。年間を通じて求人が増える2つの「ヤマ場」の1つが、この9~10月です。さらにこの時期は、12月のボーナスをもらって退職したい転職希望者も動き始めます。それを見越して企業の採用活動意欲も高まるので、企業の求人数も転職希望者も多くなる、「転職が盛んな時期」になります。

「ライバルが少ない状況で、活動したい」という方には不向きな時期ですが、「多くの選択肢から選びたい」方にとっては、転職活動にぴったりの時期といえます。

転職時期別の傾向⑤:11月~12月

11月から12月は、企業は新規求人を募集するというよりは、910月に募集を始めた求人の応募者を選考する「選考の時期」になります。特に12月はその最終段階となりますので、この時期に新規募集や新規応募者への対応を行う企業は少なくなり、求人数も年間で少なくなります。また、転職希望者も12月は忘年会や年末年始休暇などプライベートが忙しくなる時期でもあり、減少傾向にあります。

転職時期別の傾向⑥:1月~3

3月の年度末退職は転職希望者にとって区切りのいいタイミングであり、企業も4月に入社してもらえば新入社員対応や研修が一斉にできて好都合です。

このように転職希望者・企業と多くの関係者にとって都合がよい「3月末退職・4月入社」にむけて、この時期は1年のうちで最も求人数も転職希望者数も増加し、910月以上の「ヤマ場」となります。

企業も今年度の採用目標数の達成に向けて採用意欲が高まり、転職希望者も積極的に動き始めます。求人数も多いですが、転職希望者も多いため人気の企業や職種では競争倍率も高くなりますが、多くの求人から選べる有利な時期ともいえます。

求人数が増加傾向にある今なら、不利な時期はない?!

しかしながら、各企業で人手不足感が高まる昨今は、厚生労働省が毎月発表する有効求人倍率も年間を通じて右肩上がりの状況です。2018年2月には、有効求人倍率1.58倍と55か月ぶりに0.01ポイント減少したことがニュースになりましたが、それでも17ヶ月連続ですべての都道府県で1倍を上回り、完全失業者は93ヶ月連続で減少20183月には回復し、1.59倍となっています。

つまり、今は求人数が年間を通じて多いため、「求人数の多さ」を考慮するのであれば、「いつでも大差はない」状況になります。

ですので、他のライバル(転職希望者)が多いかどうか、現職であれば今の業務上、転職活動がしやすいかどうかなどを考慮しながら、自分にとってベストなタイミングを見極めていきましょう。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

転職前に知っておきたい!フレックスタイム制のメリットとデメリット

転職前に知っておきたい!フレックスタイム制のメ…

在職中の転職活動!スムーズな転職のために必要なこと

在職中の転職活動!スムーズな転職のために必要な…

これが採用担当者の本音!中途入社者に最低限持っていてほしい社会人基礎とは?

これが採用担当者の本音!中途入社者に最低限持っ…

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。