名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

新卒入社3年目の転職活動、求められるスキルとは?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

新卒入社した社員も、3年目になるまでに3割が転職します。転職していく同期や大学時代の友人の転職話を聞くたびに、「自分は本当にこのままでいいのかな」「でも転職しようにも、スキルもないし…」と焦ったり、不安になったりしていませんか?しかし新卒入社3年目までは、「第二新卒」ともいわれているように、企業も中途採用でこの年代の人材に実務経験や実務のスキルを求めているわけではありません。

では何が求められているのか。転職活動を始める前に、この年代を採用する企業側のニーズを確認しておきましょう。

入社3年目までの人材に求められるのは「仕事の基本」が身についているかどうか

入社3年といえば、社会人としての生活や会社のルールに慣れ、ビジネスマナーや現場の業務を一通り覚え、社内の自分のネットワークを活用して仕事をこなせるようになり始める時期です。

この3年間で実績を上げる人も出てきますが、企業が入社後3年間で身につけて欲しいスキルとして期待するのが、以下のような「仕事の基本スキル」です。「これならできる」と自信を持って言えるものはどれか、チェックしてみましょう。

入社3年目までに求められる「仕事の基本」スキル

<社会人としてのマナー>

  • 挨拶がきちんとできる。
  • 名刺交換や、企業訪問時のマナーなど基本的なビジネスマナーが身についている。
  • 「報連相」が適切にできる。
  • 期限や時間を守れる。

<仕事に向かうスタンス>

  • わからないことを素直に聞ける。
  • 自主的、主体的に仕事が進められる。
  • 失敗経験から学ぶことができる。
  • 業務やプレッシャーに対するストレス耐性がある。
  • モチベーション高く、意欲的に業務に取り組むことができる。

<周囲とのコミュニケーションや関係構築>

  • 自分の意見をわかりやすく相手に伝えることができる。
  • 周囲に必要な協力を得て、巻き込みながら仕事が進められる。
  • 顧客や関係会社と良好な関係が築ける。

もちろんこれがすべて求められるわけではありませんが、1つでも2つでも「これだけは自信がある」といえるものがあれば、それこそが企業が求めているスキルだと思ってください。

自分では「当り前」になっているようなことも、仕事の基本が身についているとして評価対象になります。社会人としての基礎を築く3年目までは、「当り前のことが当たり前にきちんとできる」ことが、非常に重要なのです。

入社3年目までなら意欲やポテンシャルも評価される

この年代だからこそ、仕事の基本スキルと合わせて評価されるのが、意欲とポテンシャル、そしてそこから期待される将来の成長の可能性です。

第二新卒採用では、企業は新卒採用と同様に、「若手人材を採用して、入社後育てていきたい」と考えているため、このような応募職種にかける意欲や本気度を、企業は求めているのです。

だから自分の意欲を伝えるには、自分の思いや、これからのキャリアにかける熱意、今までの経験で仕事の基本を身につけていることを整理して、職務経歴書や面接の場で、「転職理由」や「志望動機」「自己PR」としてわかりやすくまとめる必要があります。

  • なぜ転職しようと思ったのか。
  • 転職して何がやりたいのか。
  • それはなぜなのか。
  • 自分は将来、どうなりたいのか。
  • そしてそれらがどれくらいわかりやすく、説得力ある内容になっているか。
  • 学生気分からちゃんと卒業し、社会人として成長した結果が出ているか。
  • 転職理由を他者や周囲の環境のせいにせず、自分の考えの結果として捉えられているか。
  • 短期的な思いや勢いでなく、将来のことまで考えているか。
  • その思いがゆるぎないものである根拠があるか。

実務経験やスキルがあまり問われない分、企業は「転職理由」や「志望動機」、「自己PR」をこうした視点でしっかりチェックしています。今までの3年間で身につけたノウハウをすべて注ぎ込むようなつもりで、全力で準備をしましょう。

入社3年目までは経験不足を心配する必要なし!

このように、新卒入社3年目までは仕事の基本や、意欲、ポテンシャルなどが評価対象になります。だからこそ、この年代までは、今までの業界や職務と全く異なる分野へのキャリアチェンジも、他の年代に比べると成功の確率が格段に高いのです。

また、何よりも「まずは3年間仕事をやり抜いた」ということが、一定の評価の対象にもなります。「仕事が辛い」「社風が合わない」「やりたい仕事ができなかった」というなかですぐに辞めずに、今の仕事に真剣に向き合い、やり抜いてきた。その粘り強さや、「すぐに辞めなかったこと」も重要なポイントなのです。

入社3年目までは、転職する際に今までの経験不足を心配する必要はありません。「仕事の基本」が身についていること、今まで3年間真面目に仕事をやってきたことに自信を持って、前に進んでいきましょう。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

転職前に知っておきたい!フレックスタイム制のメリットとデメリット

転職前に知っておきたい!フレックスタイム制のメ…

在職中の転職活動!スムーズな転職のために必要なこと

在職中の転職活動!スムーズな転職のために必要な…

これが採用担当者の本音!中途入社者に最低限持っていてほしい社会人基礎とは?

これが採用担当者の本音!中途入社者に最低限持っ…

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。