名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

内定連絡の返事、どのタイミングがベスト?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

企業からの内定連絡に対し、返事はどのタイミングでどのように行うのがよいのか。

内定連絡の返事の仕方を1つとってみても、企業からの印象を高め、入社に向けていい関係を築くこともできれば、その反対もありえます。失礼にならず、いい関係を築けるような内定連絡の返事のタイミングを確認していきましょう。

入社意思は早く伝えれば好印象に!

第一志望であり、入社したい企業であれば、返事は早ければ早いほど好印象になります。

企業の採用担当者も人間ですから、内定連絡をした直後に「ありがとうございます。入社します」と返事をもらい、「入社に前向きになってくれている」と感じられればとても嬉しいもの。その前向きな感情は、今後のコミュニケーションにもプラスに働くでしょう。

入社の意志が固まっているのであれば、ぜひその日のうちに内定への感謝と入社への前向きな意欲を伝えながら、返事をしてください。

他社の結果を待ちたいときはいつまでに返事をするか連絡を

他にも応募している企業があり、その結果を待ちたい場合には3日から1週間程度であれば、企業は返事を待ってくれます。他社の応募も同時に進めている状況は、企業もある程度は想定していますので、返事を待ってもらうよう依頼することは、失礼にはなりませんし、それによって企業の印象が悪くなることもありません。

この場合には、いつまで返事を待ってほしいのかという保留の依頼を、内定の連絡をもらったその日のうちに連絡しておきましょう。このときには、内定をもらったことへの感謝と入社に対する前向きな意欲、そして返事を待ってもらうことに対する申し訳ない気持ちを必ず伝えてください。

期限が1週間以内であれば、「他社の結果を待ちたい」という理由をあえて言う必要はありませんが、今は併願も当たり前なので、伝えてもマイナスになることはありません。なんとなく本当のことを言いにくい場合には、「家族と相談したい」など一般的な理由を伝えておきましょう。

そして、結果を待っている企業に対しては、対応が遅いようであれば、「内定している企業があり、返事を待ってもらっているので、早く結果をいただけるとありがたい」と丁重に伝え、結果を出してもらうよう働きかけてみてください。もし、結果を待っている企業が本命ならば、「ぜひ御社に入社したいと思っているので」という意志を伝えるのも忘れないようにしましょう。

ここで結果を待っている企業が、あなたを本当に評価して、ぜひ採用したいと思っているならば、この依頼に対して何らかのアクションを起こしてくれるはずです。早く結果を出してくれるか、少なくとも結果を出せない理由やいつまでなら結果が出せるのかなど、今の状況を教えてくれるでしょう。

しかし、このような依頼をしてもリアクションがない、または状況が変わらない場合は、残念ながら結果を待っている企業は、あなたをそれほどには評価していない可能性が高いです。

その企業の結果を本当に待つのか、自分をすでに評価し、「入社してほしい」と言ってくれている企業を選ぶのか、見極めが必要かもしれません。選考の早さは、企業の採用意欲の高さ、応募者への評価の高さと比例します。結果が遅い、選考が遅いのは、採用意欲やあなたへの評価の表れでもあるからです。

そして期限になっても、他社から結果が出ない場合には、

  1. 内定を受ける
  2. ダメ元で期限を延ばしてもらえるか、内定先の企業に打診する
  3. 内定を辞退する

3つの選択肢から行動を選ぶ必要があります。

ちなみに、一度自分で決めた期限を延ばしてもらう2の選択肢は、基本的にはあまりおすすめできません。企業はあなたの返事を待って、入社準備や他の採用活動をストップさせている状況なので、その期間をさらに自分の都合で伸ばしてもらうのは、やはり社会人として失礼な行為になるからです。

それでもやはり、内定辞退も承諾も選べず、2を選ぶ心境もあると思います。その際は、企業からの印象がマイナスになるリスクや、入社の意志はない、もしくは低いとされ、内定が取り消されるリスクがあることも理解しておきましょう。

そして、もし、内定先企業が回答の期限の延長を受け入れてくれた場合は、それはあなたのことをそれだけ高く評価しており、ぜひ入社してほしいと思っているということになります。もし、保留を受け入れてもらったならば、仕事内容や待遇だけでなく、「高く評価され望まれている」ということもぜひ判断基準にいれて、企業を選んでください。

懸念点は人事に相談するのがよいことも

他社の結果を待っているわけではないけれど、内定先企業に対して気になることや迷うことがあり、それを誰かに相談したり、もう少し情報収集したりして解消する時間が必要だから、返事を少し待ってもらいたいこともあるでしょう。この場合は、保留の期限を相談すると共に、その懸念点も思い切って人事担当に相談・質問してみてください。

人事担当からすると、内定者から相談・質問してもらえれば、なぜ入社の意思決定に時間が必要なのか状況がわかるため、何もわからずに保留になるよりは、はるかに安心感があります。また、今気になっている懸念点も、企業の情報が足りていない、実態を知らないがゆえの不安なので、人事担当から新たな情報を得れば、不安や懸念も解消されるでしょう。

保留後の内定辞退は、できるだけ早く

返事を保留した結果、辞退すると決めた場合は、できるだけ早く連絡をしましょう。内定辞退が早くわかれば、企業は他の候補者を繰り上げて内定を出すなど、次の行動が起こせます。辞退の連絡は言いにくいものですが、伝えにくいことこそ、早く伝えるのも大切なマナーです。

保留後の内定承諾は、意欲を全面的にアピールして

反対に、他社の結果を待っていたにせよ、懸念点があって迷っていたにせよ、保留後に内定承諾をする際には、返事を待ってくれたことに対する感謝の気持ちと、「ぜひ入社したいと思います!」と前向きな意欲を熱く、力強く語ってください

内定を保留にされたことで、企業は多かれ少なかれあなたに対して「入社意欲が低いのかな?」「あまり前向きじゃなかったのかな?」と懸念しています。その懸念は払拭しておいたほうが、入社までの手続きはもちろん、入社後も何かとスムーズになります。

「迷っていたけれど、しっかり気持ちを切り替えてくれた」と人事担当が安心でき、円滑な関係が築けるよう、内定を承諾した以上は前向きなコミュニケーションを心がけていきましょう。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

入社時の印象のよい自己紹介のポイントは?

入社時の印象のよい自己紹介のポイントは?

転職活動後期に今の会社を辞めるべきか迷ったら考えたいこと

転職活動後期に今の会社を辞めるべきか迷ったら考…

内定連絡(承諾・辞退・保留)の印象のよい伝え方は?

内定連絡(承諾・辞退・保留)の印象のよい伝え方…

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。