名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

転職で差がつく!履歴書の書き方とは?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

自分の基本情報を伝える履歴書は、職務経歴書とは異なり、あまり「差がつかない」ように感じてしまいがちですが、履歴書も書き方1つで書類選考の印象や結果を大きく左右します。こんなところで?という思わぬところで差がつく履歴書。人事担当の印象を良くする履歴書の書き方のポイントを確認しておきましょう。

履歴書は手書きとパソコンどちらがいいのか?

「履歴書は手書きで、職務経歴書はパソコンで書くのがいい」と言われていたこともあります。実際に、転職情報サイト「リクナビNEXT」の調査によると、「履歴書は手書きのほうがよい」とする企業が約3割に上りますが、「(手書きでもパソコンでも)違いはない」と回答した企業が5になります。

手書きの場合は、文字に人柄が表れる、真剣さや丁寧さが伝わるなどのメリットもありますが、誤字脱字があった場合は最初からやり直しになるので作成するのも一苦労です(修正テープや修正液での修正はNGです)。

応募書類が指定されているケースは別ですが、特に指定がない場合は履歴書もパソコンで作成して全く問題ありませんので、自分の作成しやすいほうを選びましょう。

履歴書の書き方のポイント①職歴

その履歴書の書き方ですが、まずは職歴から確認していきましょう。職歴は和暦でも西暦でも構いませんが、統一して間違いのないように書きましょう。細かい異動は職務経歴書に書きますので、「入学」「卒業」「入社」「退職」が書いてあればOKです。

退職理由を書く場合は、自己都合なら「一身上の都合により」と記載し、人員整理や事業縮小など会社の事情なら「会社都合により」と記載します。

1ヶ月で辞めてしまった」など、在籍企業の短い企業については履歴書に書かなくてよいとも言われていますが、その企業で雇用保険に加入していた場合は、そこからバレる可能性もゼロではありません。バレる可能性は限りなく低いですがゼロではないこと、一方で、短期間で辞めてしまった職歴は、選考時に印象を下げるのも事実であることを踏まえ、自己責任で判断してください。

また、退職してからの離職期間(ブランク期間)が長い場合には、「この期間、何をしていたの?」と疑問を持たれることになります。離職期間が長くなってしまったら、備考欄にその期間に何をしていたかを補足説明しておきましょう。

履歴書の書き方のポイント②資格・免許

資格や免許は取得した年月日をきちんと記載します。資格も正式名称をきちんと調べて、正式名称で記載しましょう(例:TOEICならば、TOEIC公開テストです)

また、TOEICや英検などの試験の結果は、基本的には何点からでも何級からでも履歴書に書いて構わないのですが、英語力をアピールする目的で記載するならば、海外関連業務や外資系企業であれば、TOEIC750点以上、それ以外の企業でも600点以上が1つの目安になります。

TOEIC500点」「英検3級」のように、一般的に秀でているわけではない結果を記載すると、「この結果をわざわざアピールするの?」というネガティブな印象になってしまいかねないので、気をつけましょう。

履歴書の書き方のポイント③趣味・特技

履歴書の趣味・特技の欄は、書いても書かなくてもいいような気がしてしまうかもしれません。あるいは、「そんな趣味や特技なんてないし…」ということもあるでしょう。

しかし、人事担当はこの欄もしっかりチェックしています。趣味や特技が面接で話題になることもありますし、趣味や特技を通じて人間性を伝えることもできるので、必ず何かしらは書いておきたいものです。「映画鑑賞」「読書」といった一般的なものでも、好きなジャンルや作家などを一言付け足すとオリジナリティが出せます。

人事担当に、「とりあえず書いたんだな」と思われるような内容ではなく、「趣味・特技の欄も気を抜かずにしっかり書いてくれたんだな」と思ってもらえるよう、内容を考えてみてください。

また、もし未経験の仕事にチャレンジしたい場合で、その分野に関する趣味や特技がある場合には必ず詳しく書いておきましょう。

履歴書の書き方のポイント④志望動機

履歴書で自分らしさを出すことができ、面接官が最も注目しているのがこの志望動機です。職務経歴が少し求めているキャリアと異なっていても、この志望動機から熱意が感じられれば、「会うだけあってみようかな」と面接の機会を得られることもあります。

志望動機の文例はマニュアルもありますし、ネット上でも簡単に探すことはできますが、そのような「どこかから探してきたような志望動機」では、人事担当にはすぐにバレてしまいますし、心に残ることもありません。

自分の今までの経験を踏まえ、どうして応募したのか。何がやりたいのか。同業他社ではなくてこの企業を選んだ理由をしっかり書き込みましょう。

第一印象を決める写真も気を抜かずに!

履歴書に添付する写真は、あなたの第一印象を左右する、極めて重要な役割を果たします。好感度が高く、印象のよい写真であれば、職務経歴が求めるキャリアとは異なっていても、「良さそうな人だし、ちょっと会ってみようか」と書類選考が通過することもありますし、その反対もあります。

応募者が多い場合や、職務経歴で書類選考を迷う場合には、写真の印象が選考通過か否かを分ける決め手になることもあります。写真は思っている以上に、重要な役割を担っています。適当に撮影するのではなく、撮影するときには以下の点に配慮して万全の準備で撮影しましょう。

  • 寝ぐせはついていないか。髪型に清潔感はあるか。
  • 女性の場合、メイクに清潔感はあるか。
  • 白やベージュなど薄い色のシャツにジャケットを着用しているか。
  • 作り過ぎず、自然な笑顔になっているか。

写真の印象で「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえれば、その後の面接や選考時のコミュニケーションも好意的になります。履歴書の写真は気合をいれれば、相応の効果が得られますので、がんばって準備してください。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

未経験職種にチャレンジする時の志望動機の書き方とは?~履歴書・職務経歴書~

未経験職種にチャレンジする時の志望動機の書き方…

職種別アピールポイントのまとめ方~接客・サービス業編

職種別アピールポイントのまとめ方~接客・サービ…

差がつく!履歴書・職務経歴書の書き方

差がつく!履歴書・職務経歴書の書き方

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。