名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

今さら聞けない!転職時の企業説明会時のマナーとは?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

「企業説明会」というと、新卒採用のイメージが強いですが、中途採用でも一度に多くの人数を採用する場合や、複数のポジションを募集している場合などでは、企業説明会を開催しています。中途採用では、この企業説明会から選考が始まっていると言っても過言ではありません。よい印象も悪い印象も、そのまま選考に影響します。

今後の選考にプラスになるよう、企業によい印象を与えられるように企業説明会時のマナーを確認しておきましょう。

企業説明会時のマナー①身だしなみを整える

多くの転職希望者が参加する企業説明会で、企業の担当者と個別に対面する機会がないとしても、身だしなみは大切です。悪目立ちしないよう、「基本は面接と同じ」と考え、最低限以下の項目はチェックしていきましょう。

【企業説明会に参加する際の身だしなみのチェック項目】

  • 髪型に清潔感はあるか(女性の場合は、ロングヘアをまとめているか)。
  • 爪が伸びていないか。マニュキュアは派手な色ではないか。
  • バックは社会人としてふさわしいものか(エコバックやリュックサック等ではないか)。
  • 靴は汚れていないか。かかとはすり減っていないか。
  • メイクが派手すぎないか(ナチュラルメイクがベスト)。

企業説明会時のマナー②「服装自由」でもスーツで

企業説明会の募集情報に、「服装自由」「ビジネスカジュアルでも可」と記載されている場合でも、スーツで参加するのが無難です。企業説明会の服装では、「きちんとした人」「場をわきまえている人」と見られることが何よりも大切です。センスに自信があれば、ビジネスカジュアルで参加して他者に差をつけることもできますが、そうでない場合は、迷わずスーツにしましょう。

スーツの色は、男性も女性もベーシックな黒か紺、またはグレーで無地かストライプのものを。女性ならば、ベージュのスーツでも大丈夫です。ワイシャツやインナーは、白を選びましょう。

企業説明会時のマナー③説明会中はメモを取る

企業の説明会が始まったら、しっかりメモを取るようにしましょう。そのための筆記用具なども忘れずに持参してください。メモを取りながら話を聞くのはビジネスマナーでもありますが、メモをとることが大切なのは、マナーの面だけではありません。

100人以上が参加するような会場でも、「熱心に話を聞いている」「きちんとメモを取っている」参加者は目立ちますし、プレゼンする人事担当者や経営者が顔を覚えていることもあります。説明会では名前と顔が一致していなくても、面接に進んだ時に、「説明会でしっかり話を聞いてくれた人だ」と認識されますから、印象はグッとよくなるでしょう。

また、説明会には必ず質問の時間があります。良い質問者は企業の印象にも残りますので、志望度の高い企業であれば、ここで質問をしておきたいところですが、質問をするというのはなかなか難しいもの。

しかし質問を考えるのが苦手でも、説明を聞きながら「ここをもっと詳しく、具体的に教えてほしい」という箇所をメモしておけば、質問もいくつか出てくるでしょう。さらにいえば、「話をしっかり聞いた上で、もっと詳しく知りたい」という類の質問は企業からも好印象ですから、その意味でもメモが大活躍します。

説明会で質問できなくても、面接に進んだ際にこのメモを活用して質問をすれば、より深い議論や、濃い情報を聞き出し、企業理解を深めることができます。このようにメモを取るメリットは大きいので、ぜひ積極的に説明会中はメモを取ってください。

企業説明会時のマナー④アンケートは丁寧に

企業説明会ではアンケートがありますので、「今後選考に進みたい」「入社したい」と思う説明会の内容だったならば、このアンケートも丁寧に記入しましょう。特に、「感想」や「気づいたことがあれば」などの質問で、フリーアンサーを記入する項目があれば、

  • 企業説明会のなかで、特によかったこと、印象に残ったこと。
  • 事業や業務について課題や、「もっとこうすればよくなる」と感じたこと。
  • 企業説明会の運営で、「もっとこうすればよくなる」と感じたこと。

などをできるだけ具体的に書いてください。「もっとこうすればよくなる」というのは、あくまでも前向きな提案であり、企業や担当者の今までのやり方の批判にならないよう気をつけましょう。また、必須のマナーではありませんが、説明会後にお礼と入社意欲を伝えるメールを送るのも相手に好印象を与えます。そこまでする人は多くなく、印象にも残りますし、前向きな意欲は選考にもプラスに働きますので、説明会を聞いて「ぜひ入社したい」と思ったら、その日のうちにお礼のメールを送っておきましょう。

反対に、説明を聞いて志望度が下がり、「ここは応募しないな」と思うこともあるかと思います。その際も、居眠りやよそ見などはせず、最後までしっかり聞くというマナーを守るようにしましょう。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

会社見学会でここだけは確認しておきたい!入社前に判断できるポイントとは?

会社見学会でここだけは確認しておきたい!入社前…

中途入社に向いてる会社と新卒入社に向いてる会社の違いとは?

中途入社に向いてる会社と新卒入社に向いてる会社…

【業界研究シリーズ】サービス業界へのジモト転職に向け

【業界研究シリーズ】サービス業界へのジモト転職…

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。