名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

【業界研究シリーズ】自動車業界へのジモト転職にむけて

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

自動車業界の市場規模は、世界全体でみれば68兆円。その業界で世界トップ3に入るトヨタ自動車を有し、自動車産業が盛んな東海地域では、自動車業界への転職も様々な選択肢があります。技術力やキャリアを活かし、異業界からの転職も増えているなか、自動車業界へのジモト転職に向けて、基本的なポイントを確認しておきましょう。

自動車業界の「今」と「今後の展望」

自動車1台には約3万点の部品が使われているため、関連する部品業界の裾野も広い自動車業界の関連就業人口は、労働人口全体の約1割の雇用を占めます。貿易収支の稼ぎ頭でもある自動車業界は、まさに日本の産業を牽引するフロントランナー。日本の国内需要の先細りが懸念されていますが、世界的にみれば中国や東南アジアなどの経済発展と共に今後も需要は右肩上がりになる予想です。

今後の展開としては、自動車各社が最重点市場と位置付ける中国で、深刻な大気汚染問題の解決を目指して2019年以降、電気自動車(EV)を一定割合で生産・販売するよう義務付ける新規制を公表している他、環境への意識の高まりから世界各国で新エネルギー車への需要が高まっています。

こうした潮流に合わせ、各社が新エネルギー車の開発を進めており、自動車業界ではEV開発の中心となる電気系エンジニアを始め、システム制御やモーター開発、モーターを制御するアナログ回路設計などの技術を持った異業界出身のエンジニアに転職のチャンスが広がっています。

自動車業界にジモト転職するメリット

国の基幹産業でもある自動車業界にジモト転職するメリットは、多くありますが、何といってもジモトにいながら世界規模の仕事ができることがあげられます。

今や開発は国境を超えて行われ、海外の生産チームやメーカーとプロジェクトを進めることも珍しくありません。完成車メーカーはもちろん、自動車部品メーカーであっても、高度な技術や独自の技術をもつ企業では、海外マーケットを視野に入れたグローバルな仕事ができるでしょう。また、新エネルギー車の開発競争に晒されている自動車業界は、競争も激しくプレッシャーもありますが、世界最先端の技術に関わるやりがいもあります。

さらに、産業のなかでは業界の安定性も高く、待遇や福利厚生などが比較的よいことも魅力の1つといえるでしょう。

 

自動車業界へのジモト転職を成功させるには?

自動車業界へのジモト転職を成功させるには

  1. 企業リサーチ
  2. 採用したいと思ってもらえる応募書類(職務経歴書・履歴書)
  3. 採用したいと思ってもらえる志望動機

がポイントになります。

まず1の企業リサーチですが、裾野が広い自動車関連業界には、誰もが名前を知る世界的な企業だけでなく、規模こそ大きくありませんが、キラリと光る技術を持つ自動車部品メーカーも数多くあります。

自動車業界に関わる仕事をするためには、このような自動車部品メーカーも含めて幅広く検討してみましょう。

「どんな企業があるかわからない」という方は、地元で開催される転職フェアに参加すると、今まで知らなかった優良企業に出会えることも。会場で、直接社員の話を聞けば理解も深めやすくなりますので、転職を考え始めたら足を運んでみることをおすすめします。

次に2の応募書類(職務経歴書・履歴書)の作成では、企業リサーチで見つけた求人に対し、その求人情報に記載されている仕事内容に、できるだけ関連の深い業務経験をわかりやすくまとめるのが重要です。

「今までの業務経験がこの仕事に活かせそうだから、この人なら任せられるだろう」と思ってもらえるよう、企業側の目線を意識してみましょう。「自己PR」として、自動車業界への思いや、自動車業界に活かせる自分の強みとそれを裏付ける具体的なエピソードもぜひ盛り込んでください。

最後に3の志望動機ですが、「車が好きだから」「安定しているから」では、志望動機にはなりません。自動車関連業界の企業も、それぞれ強みや特徴があり、社風も様々です。応募する企業の求人情報やHPを確認し、よく理解した上で、

  • なぜ自動車関連業界に転職したいのか。自動車業界にどんな可能性と魅力を感じているのか。
  • 今後どのような仕事に携わり、成長していきたいと考えているか。
  • そのために自分の経験を、募集業務に対してどのように活かし、企業に貢献したいと考えているか。

3点について、具体的なエピソードや経験に基づいた自分の考えをしっかりまとめていきましょう。特に、異業界から転職する場合には、今までと同じ業界ではなく、他の業界でもなく「なぜ自動車業界なのか?」という点が極めて重要になりますので、ここはしっかりまとめておきたいところです。

転職成功にむけ、万全の準備をしていきましょう。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

会社見学会でここだけは確認しておきたい!入社前に判断できるポイントとは?

会社見学会でここだけは確認しておきたい!入社前…

中途入社に向いてる会社と新卒入社に向いてる会社の違いとは?

中途入社に向いてる会社と新卒入社に向いてる会社…

【業界研究シリーズ】サービス業界へのジモト転職に向け

【業界研究シリーズ】サービス業界へのジモト転職…

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。