名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

転職活動後期に今の会社を辞めるべきか迷ったら考えたいこと

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

最終面接もスケジュールに入ってきた、転職活動終盤。企業も自分を評価してくれているし、このままいけばもうすぐ内定をもらって、転職活動も終わる・・・そんな「転職」と「退職」が現実味を帯びてくるほどに、「本当に、今の会社をこのまま辞めてもいいのだろうか?」と迷いが生じてしまうこともあります。

人生を大きく変える決断です。迷うのも無理はありません。しかし、選考プロセスは動きだしていますから、あまり長い時間迷ってもいられません。目の前に迫った「転職」に、そんな悩みが生まれたら、こう考えてみませんか。

その➀ 迷いを整理する

 

会社を辞めるべきかどうか迷いが生じたら、「今の職場への思い」と「転職先への思い」に分けて迷いの原因を書き出してみましょう。

【例】

➀今の職場への思い

  • 給与や休日、福利厚生など待遇はよい。
  • 残業が少ない。
  • 仕事にやりがいを感じられない。異動などの可能性はないが、人間関係もよく働きやすい。
  • 大企業なので、社会的信用力やブランド力がある

②新しい環境への不安

  • 今までにやったことのない業界への転職で、自分にできるか、向いているか、自信がない。
  • やりたい仕事だが、年収が下がる。
  • 会社の雰囲気はよいが、希望に沿わない条件がある(勤務地、年収、休日など)
  • 仕事に興味はあるが、面接で会った社員をみると社風が自分にピッタリ合うわけでもない。

こんな具合に、モヤモヤとしていた不安を文字として可視化したら、どれが今の迷いに最も影響しているのか1つ1つみてください。これが気になるっていうことは、もしかして自分は、本当はこう思っているんじゃないか」と気づくことはありませんか?

たとえば、このプロセスで

  • 仕事にやりがいを感じられないと思っていたけれど、実は今の待遇(年収、休日、福利厚生など)を捨てたくないと思っているのではないか。
  • 転職したいと思っていたけれど、今の会社にステイタスを感じているのではないか。実はこのステイタスを失いたくないのではないか。

という今の会社で働くことに改めて価値を感じたら、会社を辞めない方が幸せかもしれません。「迷う」ということは、今の会社にメリットを感じている、あるいは未練があるか、新しい環境への不安が強いかどちらかではないかと思います。もちろん両方ということもありますが、どちらの気持ちが強いのか、ここで整理しましょう。

その② 今の会社に残って幸せになれるか考える

 今の会社への思いが強い場合には、そもそも、転職したいと思った理由を思い出してみましょう。

  • 今の仕事が自分には向いていない。
  • 今の仕事にやりがいや成長感を感じられない。
  • 会社(事業)に将来性がない。
  • 職場の人間関係にストレスを感じる。
  • 残業が多く休日も少なくて、体力的にきつい。

など、そこには「〇〇がやりたい」という前向きな思いだけではなく、「この会社ではもう、やってられない」という思いがあったのではありませんか。今、転職を踏みとどまったとしたら、その「転職したい」と思うようになった原因は、はたして解決できるのでしょうか

もちろん、「異動や昇進の話が出てきた」と周囲の環境が変わったり、「以前ほど嫌だと思わなくなった」と自分自身の考え方が変わったりしていることもあると思います。その場合は、転職を踏み止まる選択肢も考えられるでしょう。転職への迷いを感じたら、「このまま会社に残ったとして、転職したいと思ったそもそもの理由は改善できるのか」を考えてみてください。

このときに重要なのが、「自分が何か行動を起こすか、考え方を変えれば、事態は改善するのか」という考え方です。つまり、転職したいと思ったのが「自分の問題」なのか、「会社の問題」なのかということです。たとえば、「休日が少ない」「給与が低い」など待遇に関わる「会社の問題」は、どうにも変えられません。いくら人間関係がよい職場でも、「転職したい」と思うほど待遇面に不満を感じているのであれば、今回転職を辞めたとしても、会社の待遇が変わらない限り、不満はきっと生まれてくるでしょう。

しかし、仕事のやりがいや成長感、職場の人間関係など「自分の問題」であれば、自分の考え方や行動を変えることで、現状が変わり、転職したいと思う理由が改善・解消される可能性もあります。もし転職したいと思った原因が「自分の問題」ならば、自分の考え方、仕事への取り組み方、周囲との関わり方を変えるなど、今の職場に残ってできることがあるかもしれません

状況を変えるためにやり残したことやできることはないか、それをやるために今の職場に残りたいと思うか、考えてみましょう。

その③ 転職先への不安が大きいならば他にも選択肢はある

そして、新しい環境への不安のほうが強いならば、選択肢は「今の会社に残ること」だけではありません。「不安」はその物事に対する情報が不足しているからこそ、感じるものです。新しい環境に対して何か不安を感じているなら、窓口になっている人事採用担当者に確認したり、あるいは友人知人に相談したり、ネットで情報収集したりと、積極的に情報収集していきましょう。

また、今の応募先の企業が不安ならば、選考を辞退して新たに別の転職先を探すという選択肢もあります。ここまできて1から転職活動を始めるのはしんどいかもしれませんが、それによって本当に納得できる企業に出会える可能性もあります。自分にとっては、どの選択肢がベストなのか、考えてみましょう。

転職活動では、応募先企業の採用担当者や面接官といった今まで話す機会のなかった人たちに出会い、接する機会のなかった他社の環境に触れます。そのなかで自分も価値観が変わって、「やっぱり今の会社もいいかも」と今の状況を見つめ直せることもあり、その心境の変化が悩む原因になっているかもしれません。

「今の会社を辞めるべきかどうか」と迷いが生じたら、「転職ありき」で考えすぎず、転職活動のなかで変わった自分の考えも受け入れながら、自分にとって本当にやりたいこと、実現したい環境を見極めていきましょう

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

入社時の印象のよい自己紹介のポイントは?

入社時の印象のよい自己紹介のポイントは?

内定連絡(承諾・辞退・保留)の印象のよい伝え方は?

内定連絡(承諾・辞退・保留)の印象のよい伝え方…

「内定を承諾する前」に確認すべきこと

「内定を承諾する前」に確認すべきこと

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。