名大社が伝える転職者向けメディア
POWERED BY 名大社
採用担当者向けはこちら
採用担当者向けはこちら

【転職エージェントの使い方】転職成功に導くよいキャリアコンサルタントとは?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

売り手市場の今は、選択肢が多いのは嬉しいことですが、一方で自分の希望が本当に叶えられる求人を探すのも一苦労してしまいすよね。そんな時に有効な手段が転職エージェントですが、都市部を中心に転職エージェントも複数あり、それぞれ異なったタイプのキャリアコンサルタントがいます。

そこで今回は、どんなキャリアコンサルタントがよいコンサルタントなのか見極められるよう、元転職エージェントとして、「おすすめできるキャリアコンサルタント」について本音でご紹介いたしましょう。

求人を紹介する理由を求職者目線で説明してくれる

求人を紹介するときに、なぜその求人を紹介するのか、その理由を求職者の目線で納得できるように説明できる人は、あなたの転職を成功に導いてくれるよいキャリアコンサルタントです。

  • 「この会社のサービスは、地域でもシェアトップなんですよ」
  • 「この会社はここ数年、ずっと増収増益をしています」

とこのように企業目線で、企業の魅力をわかりやすく紹介してくれるだけなら、どんなキャリアコンサルタントでもできます。

しかし、

  • 「未経験からエンジニアを希望されるんでしたら、この企業は未経験者向けの研修が充実していて、実際に未経験で入社した方からも評判がいいんですよ」

といった具合に、求職者目線で「この企業に入社したらどんな希望が叶うのか?」「どんなキャリア形成ができるのか?」を説明してくれるのは、よいキャリアコンサルタントならでは、です。

というのも、求職者目線で求人を紹介する理由をきちんと説明するためには、あなたが本当に何をやりたいと思っているのかを聞き出し、②それがどんな環境ならそれが叶うのか考え、③その環境が整っている求人を選ぶという3つのプロセスが必要です。

➀を把握するためには、限られた時間内で相手の希望をしっかり聞きだす能力が必要ですし、②を考えるには職務経歴から相手の能力やポテンシャル、強みを読み取る能力が必要ですし、➂で求人を選ぶには、転職市場のことだけでなく、求人企業の現状や方向性、社風や紹介するポジションを取り巻く環境や課題、今回の採用背景などを知らなければなりません。

つまり、「求職者目線で納得した説明」ができるのは能力も高く、経験も豊富なキャリアコンサルタントならではなのです。

キャリアコンサルタントとの面談の時間は限られていますし、後からメールで求人が紹介されるような場合は、紹介するすべての求人に丁寧な説明を行うことはないかもしれませんが、「なぜこの求人を紹介してくれたんだろう?」と思う求人があったら、「この求人はどんなところがおススメですか?」とぜひその紹介理由を聞いてみてください

求人を紹介する理由に納得感があればあるほど、そのキャリアコンサルタントはあなたを理解するスキルと経験を持ち、また業界のことも企業のことにも精通しているということ。

その理由を丁寧に説明してくれるようなキャリアコンサルタントに出会えたら、転職活動のよいパートナーになってくれるはずです。

デメリットや厳しいこともきちんと伝えてくれる

転職活動では、それぞれの企業・求人で、「この希望は叶えられるけれど、この点は厳しい」というメリット・デメリットがあります。また、自分が希望する条件によっては、「今までのキャリアを考えると、もう一度検討し直したほうがよい」ということもあります。

本音を言えばキャリアコンサルタントは、転職希望者が応募や入社を迷ってしまうようなデメリットはわざわざ伝えたくないですし、顧客である転職希望者と信頼関係を築いていきたいですから、あまり厳しいことも言いたくありません。それにどんな企業にも長所と短所はありますから、すべての企業のデメリットを伝えていたらキリがありませんし、すべての企業の短所やデメリットを伝える必要は必ずしもないかもしれません。

しかし、その転職希望者の話をよく聴いたうえで、「これは後々問題になりそう」とわかっているようなデメリットや、転職活動を成功させるために必要な厳しいことは、キャリアコンサルタントとして伝えなければならない時もあります。

だからもし、あなたのことを考えた上で厳しい現実を伝えてくれるキャリアコンサルタントは、転職を成功に導いてくれる可能性が高いといえるでしょう。ただし、上から目線で頭ごなしにあなたの考えや希望を否定するのは、「厳しさ」ではありません。仮に、現実的ではない希望を転職希望者がもっていたとしても、よいキャリアコンサルタントであれば、納得して意思決定できるように、過去の転職事例や転職市場の需給バランスなど客観的な情報提供をしながらアドバイスしてくれます。上から目線で否定してくるキャリアコンサルタントは、コンサルタント自身の考えを押し付ける傾向があるので注意しましょう。

「転職成功」とは、目先の転職活動で内定を獲得して今希望する企業に入ることではなく、自分のやりたいことや希望のワークスタイルが実現できる企業へ納得して転職し、その職場で今よりもイキイキと働けるようになり、クォリティ・オブ・ライフが向上することです。

そして、そのような企業を転職希望者が選べるように、転職希望者の思いや考えをしっかり聴いて理解したうえで、それを叶えるキャリアの提案・求人紹介ができる人が、あなたを転職成功に導いてくれるよいキャリアコンサルタントです。

また、よいキャリアコンサルタントに出会えても、そのキャリアコンサルタントをいい意味で使いこなすには、あなた自身の関わり方も重要です。なぜなら、自分の情報をオープンにし、コミュニケーションを密にしてこそ、よいキャリアコンサルタントが持つ質のよい情報や、適切なアドバイスが引き出せるからです。そのためにも、

  • 転職理由を本音できちんと伝える。
  • 転職活動の状況は、できる限り包み隠さず伝える。
  • 応募企業に対する志望順位が変化した時は、随時伝える。
  • 連絡がきたときは、できるだけ早く返信する。

など、自分自身のコミュニケーションの取り方も、ぜひよいものにしていきましょう。

ライター紹介

小松紀子

http://r09.jp/

株式会社アールナイン

一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会

1997年国際基督教大学教養学部卒業。

大手人材紹介会社で人事、経営企画、キャリアアドバイザーを経験。在職中、転職希望者へのサービス向上プロジェクトや、ナレッジマネジメントプロジェクトなど多くの全社プロジェクトに参画する

現在は株式会社アールナインの広報及び一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会の広報を担当しながら、中小企業への就職・転職促進を目的とした情報サイト「信州人キャリアナビ」にて数多くの経営者・キャリアインタビューを通じ、地方中小企業の情報発信、採用支援を手掛けている。

アールナイン:http://r09.jp

国際キャリア・コンサルティング協会:http://icca-japan.or.jp


株式会社アールナイン

関連記事

これだけは避けたい!転職における失敗とは?

これだけは避けたい!転職における失敗とは?

結婚・出産・育休ブランク後の転職活動、準備することって?

結婚・出産・育休ブランク後の転職活動、準備する…

転職活動におけるシンプルな自己分析のコツ

転職活動におけるシンプルな自己分析のコツ

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展しますので、
ぜひご来場ください。

名大社が主催する東海地区の転職イベント情報です。
ジモト東海地区に根ざした企業が多数出展いたします。ぜひご来場ください。